景気の状況から、保険会社各社の運用利率が下がっています。

通常の生命保険の場合、解約返戻金が払込額を下回る状況が一般的になる見込みです。

4月以降は保険料金は値上がりするが、商品の内容は良くならないと思われます。

今後は、資産運用型の変額保険が主流になるし、メリットが大きいでしょう。

長期型の資産運用であれば、まず解約返戻金は払込額より増加すると予測されます。