こども保険は、子供の教育資金の準備を目的とした保険のことです。

保険期間は15歳、18歳、22歳などがあり、満期時になるとまとまった金額の満期保険金が受け取れます。

この他、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学などの入学時期に合わせて生存給付金(祝い金)が受け取れるタイプがあります。

親が契約者、子供が被保険者として契約します。

契約者である親が死亡した場合には、それ以降の保険料は免除となりますが、生存給付金や満期保険金は契約どおりに支払われます。

被保険者である子供が死亡した場合には、基準保険金が支払われるものと、既払込保険料相当額が支払われるものがあります。

加えて、遺族年金が支払われる特約などもあります。