いわゆる医療保険や傷害保険、介護保険を第三分野の保険と言います。

人の生死以外の分野で、生命保険会社も損害保険会社も取り扱うことができます。

元々の保険の特約を単品化したものや、給付の種類等を組み合わせて総合化した商品などがあり、種類が豊富です。

ちなみに、生命保険は第一分野、損害保険は第二分野と呼ばれています。