保険の知識というよりも、投資の基礎知識です。

変額保険で資産運用もお考えになられる場合に、知っておくと便利です。

ドルコスト平均法は、株式を一定金額ずつ定期的に継続して買い付ける購入方法のことです。

長期にわたって購入していると、一定株数を定期的に購入するよりも1株あたりの平均取得価格は安くなります。

そのため、景気の波に左右されにくく、一定金額を積み立てて投資を継続していると、10年後、20年後には複利の効果もあって投資額の倍や数倍に資産が増えていることがあります。

さわかみ投信さんなどが、長期投資で複利の効果を得ようと盛んに宣伝しています。

私もいろいろ個別銘柄も購入していますが、やはりメインは長期・積立投資です。

実際に、ドルコスト平均法で投資を継続しているものについては、一時的に値が下がっても損はしていません。

リーマンショックなど大きな景気変動も飲み込んで資産運用していけるので、株の銘柄選びに時間がかけられない、わからない方にとっては非常に良い投資法だと思います。