通常、保険料を払い込まないままに猶予期間が過ぎると、契約は執行します。

しかし、解約返戻金が払い込むべき保険料とその利息より多い場合は、解約返戻金の範囲内で、生命保険会社が自動的に保険料を立て替えて契約を有効に継続させます。

この仕組みを、自動振替貸付といいます。

自動振替貸付は、約款に定められている契約が対象です。

契約者は、生命保険会社の定める利率により利息を支払う必要があり、保険金支払いの際には、未返済の貸付金や利息は保険金から差し引かれます。