契約の失効とは、猶予期間を過ぎても保険料の払い込みがない場合は、契約の効力が失われることです。

失効後、保険金・給付金の支払事由となる保険事故が発生しても支払われません。

 

契約の復活は、いったん失効した契約であっても、失効してから所定期間内(通常3年以内)で被保険者の健康状態に異常がなければ、生命保険会社の承諾を得て、それまで滞っていた保険料をまとめて払い込み、契約をもとの状態に戻すことです。

復活して契約を継続した場合は、保険料は契約時と変わりません。

配当も継続します。