払済保険は、何らかの事情から以後の保険料の払い込みを中止して、その時の解約返戻金をもとに、元の契約保険期間を変えないで、一時払の養老保険もしくは元の契約と同じ種類の保険に切り換えたものをいいます。

保険金額は元の契約の保険金額より小さくなります。

なお、生命保険会社によっては、払済保険に変更後、2~3年以内であれば、一定の条件はありますが元の契約に復旧することができます。

 

延長保険は、以後の保険料の払い込みを中止して、そのときの解約返戻金をもとに、保険金額を変えないで一時払の定期保険に切り換えたものです。

上記の払済保険も同様ですが、各種特約は変更後に消滅します。