保険会社と共済は、共に相互扶助の精神が共通しますが、保険は自助が基本で、共済は助け合いの要素が強い傾向にあります。

以下、異なる点を列挙しています。

  1. 保険会社の監督は保険業法が適用され、共済について、JA共済は農業協同組合法、全労済・都道府県県民共済・コープ共済当は消費者生活協同組合法が適用されます。
  2. 保険は一般市民を対象にしていますが、共済は特定の職業・地域に限定した団体員を対象にしています。
  3. 保険は生活保障を主としており保険金が多額になりますが、共済は見舞金的性格が強く金額に限度がある。