自己の財産をどのように処分するかは、本人の自由です。

法は、満15歳以上であれば原則として遺言を書けると定めています。

遺言書は、法で定めた厳格な方式に従わなければ無効となります。

また、遺言事項といって、記載して法的効力が生じる事項が定められています。

それ以外の事項も記載はできますが、法的効力はありません。