寝たきりや認知症によって介護が必要な状態になり、その状態が一定期間継続したときに、一時金や年金などが受け取れます。

公的介護保険の要介護認定を基準としているものが多いです。例えば、介護保険で要介護4以上で保険金が支払われるなど。

加入できる年齢は保険会社によって異なり、要介護状態にならなかった場合は健康祝い金が受け取れるものもあります。

要介護認定者が600万人を超えて、今後もさらに増加し続ける見通しです。

公的介護保険の負担は毎年大きくなっていますので、もしもの時の備えとして利用されています。