介護保障保険は、寝たきりや認知症等で被保険者が要介護状態になったときに、介護一時金や介護年金が支払われます。

要介護度や適応状態は保険会社によって差があります。

要介護2からの商品もあれば、要介護4からの商品もあります。

我が国は将来的に要介護者も認知症者も増加していく見込みですので、介護負担のリスクに備えて、余裕があれば加入しておくのも1つの選択肢です。