保険契約者は、いつで生命保険会社に申し出てそれ以後の契約継続を打ち切ることができます。

これが解約であり、契約は消滅し、それ以降は保障がなくなります。

解約時に解約返戻金があれば払い戻されますが、一般的に払い込んだ保険料の総額より少なくなります。

なぜなら、払い込んだ保険料の一部が、死亡保険金として支払われたり、契約維持のための生命保険会社の経費にあてられるからです。

解約返戻金は、保険の種類、契約者の性別や年齢、払い込み方法、保険期間等によって異なります。

解約返戻金が全くない契約もありますので、契約時によく確認する必要があります。