契約者貸付は、保険期間の途中で契約者にお金が必要になったとき、解約返戻金の一定範囲内で、生命保険会社から貸付を受けることができる制度です。

貸付を受けたお金は、生命保険会社の定める利息を付して返済する必要があります。

契約者貸付を受けている場合でも、配当金などは支払われます。

貸付金と利息は保険期間内であればいつでも返済でき、保険金が支払われる際に未返済の貸付金や利息があれば、保険金などから差し引かれます。

ただし、保険の種類によっては、契約者貸付制度がない場合があります。