経営者保険とは、経営者に万が一のことがあった場合の経営上の損失補てんと遺族の生活保障、および経営者の退職金の準備などを目的として企業が一般の個人保険(財形商品除く)を利用するものです。

主な契約形態としては、企業が契約者となり、役員や幹部従業員が被保険者となり、保険金の受取人が企業になるパターンです。

保険金を受け取った企業が、遺族に退職金を支払うなどします。