死亡保険は、被保険者が死亡または高度障害になった場合に保険金が支払われます。

保険期間の定めがあるものを定期保険、定めがなく保険期間が一生にわたっているものを終身保険といいます。

なお、終身保険と定期保険を組み合わせて、一定期間、死亡保障を手厚くすることもできます。

ですから、家族のライフサイクルに応じて、子供の学費等が必要な時期は保障を手厚く、子供が1人立ちした後は保障を小さくするなど、自分なりにカスタマイズして利用するのがよいでしょう。