生命保険に加入すると、毎年の所得金額から一定金額が控除されます。

この所得金額から控除するものを生命保険料控除といいます。

所得税、住民税が直接軽減されるわけでなく、所得金額が軽減される所得控除になります。

・生命保険料控除の計算式

所得税額(住民税額)=(総所得金額-所得控除額)×税率-税額控除

控除額については、平成23年12月31日までに締結した契約は、所得税最高10万、住民税最高7万まで、平成24年1月1日以降に締結した契約は、所得税最高12万、住民税最高7万円が、その年分の生命保険料控除になります。

控除は頻繁に法改正がありますので、試算される場合は必ず最新の法令を税務署にご確認ください。