生命保険は、予定死亡率・予定利率・予定事業費率の、主に3つの予定基礎率に基いて計算されます。

 

・予定死亡率

過去の統計に基づき、予想した年齢・性別ごとの、「年始」の生存者に対する1年間の死亡者数の割合をいいます。

・予定利率

契約者が支払う保険料の一部は、将来の保険料や給付金などの支払に備えて積み立てられ、運用されます。そのため、あらかじめ運用によって得られる運用益を予測し、その分だけ割り引いて保険料を定めます。この割引率のことです。

・予定事業費率

保険契約にかかる費用や保険料の集金、契約の保全、営業マンへの報酬など、生命保険事業の維持には多くの経費がかかります。

これらの経費は、あらかじめ保険料に組み込まれています。この経費の割合を、予定事業費率をいいます。