みなし相続財産とは、相続や遺贈により取得した財産ではないが、実質的にこれと同様な経済効果をもつ死亡保険金や死亡退職金のことです。

本来の相続財産である現金や土地とともに、相続税の課税対象とされています。

これは、現金で残していれば相続財産であり、保険金になると相続財産ではなくなり課税がないとすると、課税に不公平感が出てします弊害をなくすためです。

死亡保険金は、被相続人の死亡により支払われる死亡保険金(被相続人が負担した保険料部分)であり、その他、死亡退職金、功労金などが該当します。

税負担は、国民が納得できるように公平が保たれるように工夫されています。