特定疾病保障保険は、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中のいずれかの診断があり、所定の状態になった場合、生存中に死亡保険と同様の保険金が支払われます。また、上記以外の病気で死亡・高度障害状態になった場合にも同額の保険金が支払われます。保険金が支払われた時点で保険契約は終了します。

なお、支払われた保険金は非課税です。