3大疾病保障特約は、ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の3大成人病により所定の状態になったときに、生前に死亡保険金と同額の特定疾病保険金が支払われる特約のことです。

3大疾病以外による病気で死亡した場合にも、保険金が支払われます。

つまり、死亡の際に保険金が支払われるのに加えて、3大疾病で所定の状態になれば保険金が支払われるものです

特定疾病保障保険金を受け取った時点で、特約は消滅します。

それ以降に死亡しても、死亡保険金は支払われません。

保険期間については、一定期間の定期型と、一生涯の終身型があります。

なお、特定疾病保険金は非課税です。