生命保険には、加入期間中の運用実績に応じて保険金の変動するかどうかによって、定額保険と変額保険に分かれます。

 

①定額保険

定額保険は、契約時に定めた保険金額が、保険期間中一定のものをいいます。

1000万の保険金であれば、保険期間中はずっと1000万で変わりません。

②変額保険

変額保険は、加入後の運用実績によって保険金額や解約返戻金額が変動するものです。

ただし、死亡保険金については、契約時に定めた基本保険金が保証されます。

1000万の保険金であれば、死亡保障は最低1000万を保障されますが、それ以外や満期保険金は運用実績において増加したり、減少したりします。