生命保険会社が万一破綻した場合には、「生命保険契約者保護機構」により、破綻した生命保険に係る保険契約の移転などにおける資金援助、保険契約の引き受けなどの契約者保護の措置が取られます。

原則として、責任準備金の90%までが補償され、すべての保険契約(一部例外あり)が対象となります。

ただし、従前の契約内容と条件面で変更を伴う可能性もありますので、やはり契約前に、保険会社の財務体質、ソルベンシーマージン比率等は確認しておくべきでしょう。

大切な資金を守るためには、なるべくリスクを避ける心がけが必要です。