生存給付金付定期保険は定期保険の1つです。

保険期間中の死亡保障と合わせ、保険期間中生存している場合に一定期間ごとに生存給付金を受け取ることができます。

満期時には、満期給付金が支払われます。

ただし、定期保険のみの場合より保険料は高くなります。

結局は、給付分の保険料は上乗せされていることになります。

しかし、例えば子供の中学校、高校入学に合わせて給付を受けられるように設計すれば、大きな支出時の負担の助けになります。