保険用語の中に、「責任準備金」というのがあります。

この責任準備金ですが、保険料の一部を積み立て、将来の保険金支払いのために準備しておくお金のことです。

 

保険会社は、純保険料のうち年間保険金の支払いに用した残額を、責任準備金として将来の死亡や満期保険金支払いのために準備して置いておきます。

責任準備金は、契約者全体の共有準備財産とされています。

なんだか難しいように思えますが、保険料の支払いのためのお金のことと、なんとなく理解していればよいと思います。