生命保険会社は、他の事業を営むことを制限されています。

なぜなら、生命保険事業は経営規模が大きく、長期的に安定した運営を行う必要があるからです。

そのため、生命保険会社は、生命保険以外の事業で不測の損害を被り、健全な運営を損なわないように他事業への参入が制限されているのです。

ただし、規制緩和の流れの中で、内閣総理大臣の認可を得れば、生命保険事業と損害保険事業を子会社形態で相互に乗り入れることが可能となっています。