老後の疾病対策として、がんと認知症は外せません。

現在、がんは2人に1人がなるとされており、認知症も80代以上の4人に1人です。

2025年には65歳以上の4人に1人が、何らかの認知症状が持つようにあると推計されています。

中には、両方に罹患するパターンも多く、その他の疾患も併発しているケースまであります。

高齢者社会でいつまでも元気でいられれば言うことなしですが、疾病に罹患するリスクも高まりますので、がん保険や医療保険での対策も検討する必要があります。

医療費が家計を圧迫すると、元気な時に描いていた生活プランが崩れてしまいます。