よく保険会社の財務健全性を図る指標として、「ソルベンシー・マージン比率」という言葉が使われます。

一般の人にとっては、何のことかわかりにくいと思います。

下を噛みそうになる言葉ですが、このソルベンシー・マージン比率は、震災や株の大暴落など通常の予測を超えたリスクがあった場合に保険会社がどの程度支払いができるかを図る指標です。

通常は200%を下回ると政府からの是正措置が取られます。

ですから、保険加入を検討する際には、ソルベンシー・マージン比率が200%以上ある旨を確認するのも選択基準の1つとなります。