相互会社とは、保険事業だけに認められ、生命保険に加入した人々がお互いに助け合うことを目的にし、一般の株式会社の利益金にあたる剰余金は、その一定割合を社員配当として返還することになっています。

生命保険に加入した者は原則として社員となり、生命保険会社の運営に参加します。

実際には、社員の中から総代を選び、総代会で会社運営上の重要なことがらを決めます。

 

なお、生命保険会社の経営形態には、上記の相互会社と株式会社があります。