相続とは、死亡した人(被相続人と言います)の財産上の一切の権利・義務を他の人が引き継ぐことです。

被相続人は、原則として遺留分を侵害しない限り、遺言で相続財産を自由に処分できます。

ただし、一定の相続人には遺留分といって、最低限相続できる財産割合が定められています。

全く財産を相続できないとすると、その後の生活に困ったり、相続に対して不公平になる恐れがあるため、法が手当をしています。