保険の仕組みは、「助け合い」です。

自分が払い込んだ保険料が他の人が疾病や死亡した際に支払われ、自分に何かあった際には他の人が払い込んだ保険料が支払われるのです。

いわば、相互扶助の精神で成立しているのが、保険です。

自分が加入者であった際にはそれほど気にしていませんでしたが、改めて勉強してみるとよくできた相互扶助・福祉的な仕組みだなと感じています。

実際、保険に加入しているだけの方にとって毎月の保険料負担が重く、どちらかといえば負担に感じているものです。

しかし、いざ自分や家族に何かあって保険金が支払われると、「本当に助かった」「加入していてよかった」とお声をいただきます。

何かの際の備えですから普段は意識しませんが、本当は自分や家族の生活を支える大切なものです。