保険の契約転換は、保険の保障額の見直しと同時に、保険の種類や期間、特約などを総合的に変更できる制度です。

現在の契約を解約することなく行えるため、責任準備金や配当金などを新しい契約の一部に充当できるメリットがあります。

契約転換がなされた後は従前の契約は消滅します。

保険料については、転換時の契約年齢、保険料率により保険料試算をして、転換の際に充当した部分の残りを払い込むこととなります。

少し難しいですが、現在の契約を解除せずに新しい契約に内容を変更するもの、という程度に覚えておけばよいと思います。