生命保険契約の中には、個々の危険の性格や度合いに応じ特別条件を付けて契約することがあります。

具体的には、割り増し保険料や特定疾病や部位の不担保といったものです。

また、危険度があまりにも高すぎる場合は契約を引き受けないこともあります。

なお、疾病があるからといって一律に契約を引き受けないわけではなく、生命保険会社によっては疾病のある方を対象にした保険商品があります。