養老保険は、一定の保険期間を定め、死亡時には死亡保険金が支払われ、満期の時には満期保険金が支払われる保険のことです。

また、その際の死亡保険金と満期保険金は同額になります。

貯蓄性は強いですが、保障性が弱い特徴があります。

バブル期などは養老保険でもかなりの利率が付きましたが、最近ではそれほど高利率のものはほとんどなく、終身保険や変額保険のほうが貯蓄性が高くなっています。