財形貯蓄制度は、勤労者に認められる非課税貯蓄制度です。

勤労者の貯蓄や持ち家取得の促進を目的として、勤労者が事業主の協力を得て行う給料天引きの貯蓄制度になります。

財形制度は、貯蓄制度と融資制度から成り立っており、貯蓄制度には一般財形ちょひく、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄の3種類があります。

財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄については、両方合わせて550万円までが、利子非課税扱いで貯蓄できる優遇措置があります。

なお、勤労者とは「職業の種類を問わず、事業主に雇用されるもの」をいいます。

アルバイト、パートなども含まれます。