毎年の110万円の贈与を上手くやるためには、後から税務調査が入った際に指摘を受けないようにすることです。

そのため、贈与の都度、きっちりと契約書を作る、入金等の明細を残す、贈与者と受贈者の真の合意を示すために受贈者が財産を管理する等は、当然に行います。

よくあるのが、子や孫のために親が通帳を作り、贈与しているケースです。

これらは贈与の意思の合致がなく、管理も親が行っていますので、後から贈与と認められないことがあります。

また、贈与である旨の証拠を残すため、あえて毎年少額の税金を支払って贈与税の申告を行うという方法もあります。