保険の見直しの必要性

保険(保障)を見直す必要が、なぜあるのでしょうか?

考え抜いた末に決めた保障内容ですから、一生涯大丈夫とも思えます。

 

しかし、外部的事情としては保険商品はどんどん新しく良いものが出ていますので、新しい保険に切り換えたほうが得になる場合があります。

同じ掛け金で、保障が手厚かったり、特約が付加されているような商品だと、そちらがお得でしょう。

また、内部的事情、こちらが重要ですが家庭内の事情は年月とともに変化します。

働き盛りの時に加入した保険も、夫婦二人や独居になってまで同一内容の保障が必要とは思えません。

 

ただし、保険はいったん解約すると元には戻せません。

新たに契約するにしても、年齢が高くなると保険料も高くなるケースが多いですし、健康状態によっては加入できません。

 

そのため、保険(保障)見直しのために次のような制度があります。

保障を見直すための制度

契約転換制度

現在の契約を解約せずに、責任準備金や配当金などを、新しい契約の一部に充当する制度。

特徴は、保障額の見直しと同時に、保険の種類や期間、付加する特約などを総合的に変更することができる。

転換時の契約年齢、保険料率で保険料を計算し、転換価格の充当で割り引かれたあとの保険料を支払う。

特約等の中途付加

現在の契約に定期保険特約などを新たに付加して、死亡保障額などを大きくする制度。

特徴は、現在の契約の保障内容や保険期間は変えずに、死亡保障額などを増やせる。

中途付加時の契約年齢、保険料率により中途付加する特約の保険料を計算し、現在の契約の保険料に加えて支払います。

追加契約

現在の契約に追加して、別の新しい保険契約に加入する制度。

特徴は、現在の契約はそのまま継続し、その契約とは異なる内容で保障を充実させられる。

新しい保険の契約時の契約年齢、保険料率により新しい保険の保険料を計算し、現在の契約の保険料とは別に支払う。