保険を契約する際に、保険会社が危険度を判断する重要な事実について申し出る義務、および重要な事項について不実を告げないという義務のことです。

告知義務を負うのは、契約者または被保険者です。

告知義務は、被保険者の職業、健康状態など過去5年以内の健康状態・身体障害などです。

告知方法は、告知書扱い(無診査、契約者または被保険者が、質問事項に対して自ら記入)と診査扱い(告知書に加えて、医師の診査等まである)の2通りがあります。