内縁の配偶者や配偶者以外に恋愛相手がいる場合に、自分に何かあった時に財産をあげたいと思うかもしれません。

特に内縁の配偶者には相続権がありませんので、その後の生活に困る可能性がありますし、相続でもめる典型的ケースの1つです。

そのような場合にも、生命保険の機能を利用すれば、紛争を予防できます。

例えば、受取人を内縁者に指定して保険加入すれば、相続開始後は内縁者の固有財産となりますので、相続人から遺留分を主張されずにすみます

内縁者を遺産分割争いに巻き込むのを防ぐことができ、生活を守ってあげられる可能性があります。

もちろん、全てのケースに最適かといえばそうではありませんが、まずはプロにご相談いただけたらと思います。