それぞれにメリットがあります。

生命保険には非課税枠や受取人固有の財産にできる機能等があります。

遺言書には、個人の最終の意思表示として、相続人達に想いを伝え、遺産処分の意思を明確にして紛争を防止する機能があります。

法律家の立場としては、遺言書を基本にして、節税と特定の者に財産を多く与えたいなどの際に生命保険を組み合わせて使うべきだと考えています。

なお、資産家の方が相続税の節税を考える際には、生前贈与や保険を活用すると大きく節税が可能になる場合があります。