老後の資金を確保する手段といいますが、貯蓄をするには以下の2つしか方法はありません。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす

当たり前と言われそうですが、なかなか日々の生活を考えると、どちらも難しいものです。

収入を増やす方法

今の時代、収入を増やすのは簡単ではありません。

一部の好業績の企業を除いては、残業や各種手当は削減される傾向にあります。

このような時代背景で収入を増やす方法といえば、

1、副業する

週末起業やアルバイト、アフィリエイトなど、サラリーマンの副業が盛んに宣伝されています。

アルバイトについては、時間と会社の許可があれば確実に収入を増やせます。

その他、副業については、あくまで稼いでいるのは一部であり、多くの方が稼げていません。

一例をあげると、アフィリエイトで年間5千円以上稼げているのは全体の約4%といったデータもあります。ビジネスなのですから、本気で取り組まなければ結果は出ません。

2、夫婦で働く

共働き、ダブルインカムは、状況が許せば確実に収入が増えます。さらに、夫婦ともに厚生年金の適用があれば、老後の年金もそこそこありますので、それほど心配がいらないかもしれません。

3、資産を運用する

銀行に預けていてもほとんど金利が付かない時代です。お金に働いてもらって、賢く資産を増加させていく方法です。

ただし、個人で株の個別銘柄を選んだり、FXなどのデイトレで勝ち続けるのは、かなりの努力が必要です。当方は、保険を利用した資産運用の方法を提案できます。

4、その他

宝くじや競馬などギャンブル、親からの遺産を相続など、特別な事情で収入が増加するケースです。まず当てにはできません。

 

支出を減らす方法

家計を見直し、節約するにつきます。

割合として大きなものは、自動車、住宅、保険、食費などです。

食費などはなかなか節約しにくいものですが、自動車や住宅、毎月の保険料の支払いは、たいていの家庭で見直しの余地があります。