ファンダメンタル分析とは、企業の業績・内容等に重点を置いて投資判断を行うものです。

企業の決算やPBR、PERなどを使用して、その株式が投資に値するかどうかを判断します。

私は主に、こちらの分析を行っています。

景気に左右されず、じっくりと資産を増やしていきたい場合に向いていると思います。

本業がある方が、副業で資産運用していく場合にも、それほど時間を取られません。

 

テクニカル分析とは、チャートを始めとした技術指標で投資判断を行います。

有名なのがローソク足ですね。

赤と青のローソク足を見て、その後の株式の変動を予想します。

他に、移動平均線、オシレーター系の指標としてはRSI,MACDなどがあります。

デイトレなどでは常にチャートを気にしていなければいけませんので、それほど時間が取れない人、平日の昼間忙しい人には不向きな投資手法だと思います。