保険の基礎知識「生死混合保険」

生死混合保険とは、死亡保険と生存保険が組み合わさった保険のことです。

被保険者が保険期間の途中で死亡または高度障害になったとき、保険期間満了まで生存したときに保険金が支払われます。

死亡保険金と生存保険金が同額であるものを、養老保険といいます。

一時期流行りました。貯蓄に保険が付く感覚で、多くの方が加入されたのではないかと思います。

なお、養老保険に定期保険を上乗せしたものを定期保険特約付養老保険といいます。満期保険金よりも、死亡保障を大きくできるのが特徴です。