相続時精算課税制度とは

相続時精算課税制度とは、親から子または孫に財産を贈与した場合に、贈与税相当額を相続税額から控除することができる制度です。

贈与財産の内、2500万円までは非課税となり、非課税限度額を超える部分については税率が20%となります。

 

その後に相続が開始した場合、贈与税が非課税になった部分も含めた相続時精算課税制度の適用を受ける財産の価額を相続税の課税価額に上乗せして、相続税額を算出します。

その際、すでに支払った贈与税額があるときは算出された相続税額から控除し、控除しきれない金額があるときは還付されます。