以前は別の特養で勤務していました。

大学の福祉学部を卒業して、お年寄りに寄り添う介護がしたいと考えて、特養を選びました。

しかし、会社の方針はお年寄りに寄り添うようなケアを実践することではなく、いかにベッドを空けずに収益を上げるかを第一に考えていました。介護職採用

もちろん、私自身も収益が上がらないと事業を続けていけないことはわかっていますが、どうも納得いかない部分が多く、年々、不満が募っていました。

同僚や親しい先輩たちも会社の方針に付いていけず、何人も退職していきました。

このまま働き続けていていいのか、とモンモンとした日々を送っていたところ、貴サイトに出会いました

コンサルタントの方に悩みを聞いていただいた時、これまでの自分の気持ちを全部吐き出せてすっきりとしましたし、恥ずかしながら涙を流してしまいました。

自分が考えているような、「お年寄りに寄り添う介護」ができる職場への転職を希望したところ、「すべて理想通りというわけにはいきませんが、あなたの想いを理解してくれる施設を探しましょう」と、仰っていただき、大変うれしかったです。

逆指名の制度について私は何も知りませんでしたが、お願いしてすぐに、いくつかの施設が私の想いを理解してくださり、必要としてくれていると聞かされ、本当にありがたいと思いました。

現在は小規模多機能型施設に勤務しています。

在宅生活を支えながら、デイや宿泊にまで寄り添える業務はやりがいがあり、自分に向いていると感じています。

悩んでいた時に、勇気を持ってご相談して本当に良かったです。あの時相談していなかったら、今の充実した自分はないと思います。