相続の基礎知識

相続の流れ

相続が開始すると、遺言書があれば遺言書を基に遺産を分割しますが、一般的には①相続人を確定し、②相続財産を調査・評価し、③相続人全員で遺産分割協議をすることになります。

3つに簡素化していますが、実際には非常に手間のかかる手続です。

その間、葬儀や供養なども併行して行う必要がありますので、当事者の忙しさ、負担は半端なものではありません。

加えて、遺産分割に関する争いは増加傾向にあり、故人の枕元で相続人たちが争う姿も、決して珍しいものではないのです。

そのために、遺言書や生命保険等を活用した相続対策が重要になっています。

相続人と相続順位

法律上、法定相続人になれるのは、

第一順位 子

第二順位 直系尊属(父母)

第三順位 兄弟姉妹

です。

配偶者は、常に相続人になります。

ちなみに、上位者がいる場合は、下位の者は相続人になれません。

また、子が既に亡くなっている場合は、その子、つまりは孫が相続人になり、父母の場合は祖父母、兄弟姉妹の場合もその子(甥・姪)が相続します。

これを、代襲相続と言います。

法定相続分とは

各法定相続人には、遺産に対して法定相続分が定められています。

遺言で別の定めをすることはできますが、遺言がなければ概ね法定相続分を基に遺産分割がなされる傾向にあります。

・具体的法定相続分

配偶者と子      2分の1/2分の1

配偶者と直系尊属 3分の2/3分の1

配偶者と兄弟姉妹 4分の3/4分の1

子が複数いる場合は、相続分を人数で割ります。

遺留分とは何か

兄弟姉妹以外の法定相続人には、遺留分があります。

遺留分とは、被相続人(遺言者)によっても自由に処分できない遺産の持ち分です。

具体的には、

配偶者と子 2分の1

直系尊属  3分の1

があります。