戸籍の基礎知識

戸籍とは何か

戸籍とは、日本国民の身分を公に証明するものです。

日本国民の出生・死亡・親子関係・婚姻・離婚などを証明します。

戸籍は相続など身分関係の証明に用いられます。

戸籍は古くからありますが、全国的に統一したものができたのは、明治時代に入ってからです。

戸籍を遡って集める場合も、明治時代くらいまでが限界になるケースが多いです。

戸籍がない場合もある

戸籍は必ずしも取得できるわけではなく、災害や戦争で消滅している場合があります。

戸籍を再現できない場合は、「廃棄証明書」といって、戸籍が消滅してなくなった旨の証明書を発行してもらえます。

相続手続については、廃棄証明書があれば手続を進められます。