消費者契約法とは

消費者契約法は、消費者と事業者の間で交わされた契約について、一定の法律要件を満たせば消費者が取り消すことができように定められた保護規定です。

保護の対象は、個人です。

一定の法律要件は、

1、重要な事項に関して誤認させた場合

・事実と異なることを告げた

・不確実な事項について断定的判断を提供した

・不利益な事実を故意に告げなかった

2、困惑させる行為

・契約するまで自宅を退去しなかった

・監禁して契約させた

などです。

上記の要件に該当しているかを立証する責任は、顧客にあります。