ライフスタイルを変える転職という選択肢

現代はストレス社会と言われており、地方の方が都市部で就職して一生を終える、といったこれまでのライフモデルが全ての人に当てはまらなくなっています。

1企業で定年まで勤めあげる方も、少なくなっています。

たいていは、2~3社の転職を経験して、定年を迎えます。Uターン就職

 

新入社員の3人に1人が、3年以内に退職する時代です。

転職は当たり前、働く場所、ひいては生きる場所を自身や家族で選択する時代です。

 

当方は、下記のUターン、Jターン、Iターン就職についても、精一杯サポートしております。

当方のような地域密着の事業所にご依頼いただくメリットは

  1. 長らく離れていたり、初めての土地の情報や事業所情報が得られる
  2. 面接の際に土地勘がなくても、同行者がいるので安心
  3. サイトだけではない、生の情報(裏情報も含めて)が聞ける
  4. 転居の必要がある場合は、不動産業者など関連業者を紹介してくれる

などがあります。

実際に当方のサポートで、他府県から神戸など兵庫県南部に転職された方は大勢いらっしゃいます。

 

また、Uターン、Jターン、Iターン就職自体のメリットとして、

  1. 都市部ほど通勤ラッシュが厳しくない、もしくはない
  2. 生活費や家賃などが安い
  3. 子育て環境が充実している(自治体による)

などがあります。

ご自身、家族のライフスタイルを考えて決断してください。

Uターン就職とは

Uターン就職は、地元である地方から移住して都市部で就職した方が、地元に戻って就職するケースです。

例えば、神戸から東京の会社に就職したが、再び神戸に戻って就職する場合です。

やはり地元で暮らしたい、親の介護など各事情があるものですが、昔からある転職パターンです。

Jターン就職とは

例えば、兵庫県小野市が地元の方が東京や名古屋で就職したが、地元に近い神戸に戻って就職するケースです。

仕事が無かったり、何らかの事情で地元には戻れないが、将来的な親の介護などを見据えて地元の近くに居を移すパターンが多いと思います。

Uターンまではいかなくても、何かの時に家族・親族が集まれる環境は、心強いものです。

また、生まれ育った地元の友人たちとも、会える距離なのかもしれません。

Iターン就職とは

例えば、東京や大阪などの都市部から沖縄や北海道に移住して就職するケースです。

地元とは全く異なる地域に、自身のライフスタイルを求めて移住するパターンが多いでしょう。

いわゆる『田舎暮らし』です。

この場合、当該地域で就職先や産業があるかどうかを、移住前に十分に検討する必要があります。子育て環境