「就職・退職の手続」の記事一覧


退職後の年金について

就職・退職の手続

会社を退職すると、年金はどうなるのでしょうか? 再就職する場合、就職が決まっていない場合などで加入する年金が異なります。 年金種別を解説します。 まず前提として、日本に在住している20歳以上60歳未満の人は国民年金に加入 […]

健康保険の任意継続について

就職・退職の手続

健康保険では、被保険者が退職して資格喪失しても、個人で任意に加入して被保険者資格を継続する方法を認めています。 これを、健康保険の任意継続といいます。 上記の趣旨は、会社を退職した方が、再就職で新たな健康保険に加入するま […]

国民健康保険について

就職・退職の手続

会社を退職後、再就職先が決まっていない場合は、国民健康保険の被保険者になるのが一般的です。 別の記事で書きますが、健康保険の任意継続を選ばれる人も若干いると思いますが期間制限があります。個人事業主などもこの国民健康保険に […]

退職後の医療保険について

就職・退職の手続

退職後、会社在職中に加入していた健康保険の被保険者資格は喪失します。 退職日の翌日に喪失しますので、その後の医療保険は自分で手続しなければなりません。 病気やケガの際に、10割負担になっては大変です。 まず退職後に、再就 […]

失業等給付の不正受給について

就職・退職の手続

不正受給については、ハロワークが厳しく取り締まっています。 実績のない求職活動を、実績があるように偽って申告するなどした場合は、返還や懲罰的な罰金の納付を命じられます。 安易な気持ちであっても、不正行為をしてはいけません […]

教育訓練給付金とは

就職・退職の手続

教育訓練給付金は、雇用保険からの補助の1つです。 資格取得講座や各種検定など、厚生労働大臣が指定した特定の教育訓練を受講し修了すると、費用の一部が支給される制度です。 現時点(2017年)における支給要件です。 ○支給対 […]

傷病手当について

就職・退職の手続

雇用保険の基本手当は求職者の生活保障を目的にしています。 そのため、受給資格者が病気やケガで15日以上働くことができない時には、支給されません。 しかし、代わりに傷病手当が支給されます。 上記のあるように、傷病期間が15 […]

失業手当受給の手続

就職・退職の手続

雇用保険の基本手当を受給する手続についてご説明しています。 退職理由などで給付日数や給付開始日が変わるなど、なかなか複雑になっています。しかし、会社を退職して求職活動をする際には有り難い制度ですので活用してください。 基 […]

ページの先頭へ