会社を退職後、再就職先が決まっていない場合は、国民健康保険の被保険者になるのが一般的です。

別の記事で書きますが、健康保険の任意継続を選ばれる人も若干いると思いますが期間制限があります。個人事業主などもこの国民健康保険に加入しています。

国民健康保険は市区町村や国民健康保険組合が運営しています。たいていは市区町村の窓口で加入している方多いでしょう。

会社を退職した旨の証明書が必要ですので、予め必要書類を確認して手続に行くとよいでしょう。

国民健康保険は原則として全員が被保険者であり、被扶養者はいません。

手続及び保険料納付は、世帯主が世帯員の分の届け出や納付義務を負います。

保険料については、健康保険の任意継続とどちらが高いのかを試算してから、安いほうに加入する方が多いようです。

予期せぬ事故や疾病はいつあるかわかりませんので、くれぐれも加入を忘れないようにしてください。

Follow me!